【神保町野球ブックフェアトークイベント】ドラフト会議”解説者”対談 ~今年のドラフト、どうでした?


【神保町野球ブックフェアトークイベント】
ドラフト会議”解説者”対談 ~今年のドラフト、どうでした?

今回の神保町野球ブックフェアは、ドラフト会議直後!
ドラフト会議から一週間が経った頃、落ち着いてふと思うのが一体どの球団が「成功」し、はたまた「失敗」したのかということ。
今回は、それぞれドラフト会議の現場に解説者として同席した、ライターの小関順二さんと菊地高弘(菊地選手)さんにご登場いただき、ドラフト会議の明暗を分析していただきます。
小関さんはスカイAで、菊地さんはニッポン放送で解説予定(26日)。
立ち会った二人ならではの、それぞれ現場の様子も聞きたいところ!

お二人に、ドラフト関連でご質問のある方はお申込時に「質問」欄にてご記入ください。

<登壇者プロフィール>

2017年11月3日(金・祝)
開場 11:00/トークスタート 11:30
会場:日本文芸社ビル8階
※エレベーターで8階まで上がってください。
野球ブックフェアのイベント自体は3階で開催しています。
要予約:1,000円

ご予約はこちらのページからお願いします!
(右側の「予約する」ボタンからご予約に進めます)

<登壇者紹介>
小関順二(こせき・じゅんじ)
ライター。1952年生まれ。ストップウォッチ片手にアマチュアからプロ野球、MLBまで幅広く取材する。いちはやくドラフト会議の重要さを取り上げ、野球メディアにドラフト会議というジャンルを持ち込んだ立役者。『プロ野球 スカウティングレポート』『プロ野球 問題だらけの12球団』といった長く続くシリーズの著書も多い。近著に『大谷翔平 日本の野球を変えた二刀流』(廣済堂出版)『「野球」の誕生』(草思社文庫)など。

菊地高弘(きくち・たかひろ)
編集・ライター。別名菊地選手。1982年生まれ。雑誌『野球小僧』~『野球太郎』の編集部員を経て、2015年4月よりフリーの編集兼ライター。野球部員の生態を分析する「野球部研究家」としても活動し著者に「野球部あるある」シリーズ(集英社)がある。

ご予約はこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です