【出店者紹介】東京ニュース通信社


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:東京ニュース通信社

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

今回初参加の東京ニュース通信社です。「TVガイド」「TV Bros.」などの版元ですが、野球関連書籍もいくつか発行しておりますので、みなさんよろしくお願いします。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

今回、初参加なのでわかりません。

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

 ①「オレたちのプロ野球ニュース 野球報道に革命を起こした者たち」長谷川晶一/著
(3月11日(土)発売、本体価格:2,000円+税)
著者が長年温めていたテーマを、30名近い番組関係者の取材をもとに描いたドキュメント。
プロ野球ニュース書影①0222

②「80年代パリーグ今だから言えるホントの話」金村義明/著
(2016年3月発売、本体価格:1,300円+税)。
ご存知、球界の“やんちゃおじさん”金村氏が自身の体験、人脈をもとに
描く、80年代パリーグの強烈エピソード集

オビなし

③「巨人の魂 ジャイアンツOBからの提言」長谷川晶一/構成
(2006年発売、本体価格1,238円+税)
CS日テレ+の人気番組「巨人の魂」をムック化。川上哲治を始め
巨人の伝統を受け継いだ10人のV戦士たちのインタビュー集

④TVガイド特別編集「VICTORY 2014甲子園~輝く、真夏の高校球児(ヒーロー)!BOOK」
(2014年8月発売、本体価格:907円+税)
大阪桐蔭高校が制した「第96回全国高校野球選手権大会」の熱戦を採録。
代表49校全試合・名場面ハイライトグラビアやなどで構成されたムック本

===
よろしくお願いします!

【出店者紹介】亜紀書房


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:亜紀書房

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

神保町で長らく人文系の書籍を中心に刊行してきた出版社です。3月14日、中南米4ヵ国の野球を取材した単行本を刊行することになり、東京野球ブックフェアさんに参加をさせていただくことになりました。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

中島大輔さんによる新刊『中南米野球はなぜ強いのか ドミニカ、キュラソー、キューバ、ベネズエラ、MLB、そして日本』 を書店での発売に先駆けて特別販売いたします。会場でお求めいただいた方には、特典ポストカードをプレゼントさせていただく予定です。
chunanbei
===
よろしくお願いします!

【出店者紹介】辰巳出版


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:辰巳出版

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

辰巳出版と申します。趣味実用娯楽などオールジャンル刊行する出版社です。今回は野球関係の本で出店しています。よろしくお願いいたします。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

ご縁がありまして、なんだかんだと第1回の月島での東京野球ブックフェアから毎回参加させていただいています。本を買うだけでなく、イベントも楽しいですしいろいろと人とつながりができる場であったりと、良い空間だと思います。

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

新刊の広島東洋カープ承認のカープ手帳こと『Carp SPIRITS 2017』を中心に、既刊で村瀬秀信さん監修による『僕たちが愛したプロ野球 80年代パ・リーグ』などを販売しています。また、他社さんのカープ関連の書籍なども合わせて販売しているかもしれませんのでぜひお立ち寄りください。
カバー2017白_fix
===
よろしくお願いします!

【出店者紹介】長谷川晶一


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:長谷川晶一商店

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

ライターの長谷川晶一です。野球関連の書籍を執筆しています。
2月に発売した『プロ野球語辞典』(誠文堂新光社)、
3月に発売される『オレたちのプロ野球ニュース』(東京ニュース通信社)
この2冊を中心にこれまでの本を発売します。

ずっと店番してます。話しかけに来てください(笑)。
拙著をご持参くださればいくらでもサインいたします。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

これまで何度も参加しています。
野球ファンの方の熱気のすごさにたじろぎつつ、
いろいろな野球談義ができることを楽しんでいます。
今年も、多くの出会いを楽しみにしています!

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

===
よろしくお願いします!

【出店者紹介】カネシゲタカシ


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:カネシゲタカシ

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

漫画家のカネシゲタカシです。マンガだけでなくコラムを書いたり、ツイッター野球大喜利を主宰したり、トークイベントを開催したりしています。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

たくさんの“同志”にお会い出来るのが楽しいイベントです。

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

過去の著書を販売します(新刊『みんなのプロ野球川柳』の販売はありません)。
著書以外にも何か売るかもしれませんが現時点では未定です。
===
よろしくお願いします!

【出店者紹介】ε江古田ツインドリル


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:ε江古田ツインドリル

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

プロ野球好きのダメ人間です。絵を描くのが好きで、いろいろ事件があった1年前からプロ野球をテーマにした風刺萌え漫画を描き始めました。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

去年存在を知った時には既に終わっていて残念だったので、今回とても楽しみにしています。

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

創作漫画「おたくと!」~球界はオタク♂が改革します~架空プロ野球×男の娘×ヤバいクスリ
プロ野球薬物問題から不可解なドラフトなど、暗黒ネタも笑えるネタもマイルドかつ大胆に、フィクションの世界でスポーツラブ(?)コメ萌え漫画仕立てに改変しています。知らない人にもわかって、知ってる人にはクスリと来るような元ネタ探しをして楽しんでいただけたらさいわいです。
===
よろしくお願いします!

「野球一箱古本市&フリマ」部門ブース紹介


「野球一箱古本市&フリマ」部門ブースの出店者さんをご紹介します。
※ご紹介順はお申込み順です

●マニタ書房
神保町駅から徒歩30秒、特殊古書店マニタ書房です。野球関連書籍を持って出店します。

●ブルペン
街頭紙芝居師もっけの一箱古本店「ブルペン」。野球に関する自著の本のほか、   紙芝居「どかべん」(エポック社)も小声で演じましょうか?

●ナックルボーラー
昨年に引き続き今年も大阪から出店します。 プロ野球12球団+αの球団グッズを持っていく予定です。 意外な掘り出し物があるかも。ぜひ覗いてみてください♪

●古書三振堂
野球雲の取材や資料で集めた古書の一部を持って行きます。  昭和40年代からの野球関連雑誌、文庫、書籍等ビギナーからマニアまで広く扱います。

●ドンべーブックス
今回で(たぶん)5回目の出店です。この一年間、こつこつ集めて読んだ野球本を出品します。どうぞ覗いてやってください。

●アンティークベースボール
野球書籍、ピンバッジ、応援グッズ、レプリカユニフォーム等を出店致します。よろしくお願い申し上げます。

●よろず屋 ふみっち
野球関係の珍しい物があります!

●古書ますく堂
今年も最新号がでてたらほやほやの野球番付を、持っていきますので皆さん、予想するのも楽しいかと思います 新井さんの絵本、その他野球本を持っていきます

●純パの会
熱烈パ・リーグファンの集まり「純パの会」。当日は純パの会の会員が会報や会の紹介をしつつ、新入会員の受付もおこないます。 また純パの会員が所蔵していた野球の古書や会場ですぐに使えるパ・リーグ各チームのレプリカユニフォームやバッグ、タオルなどのグッズも販売する予定です

●ドジブックス
ふだんはおもに演芸関係の古本を扱ってるドジブックスです。野球は筋書きのない演芸です。よろしくどうぞ。

もちろん、毎年恒例「古書ビブリオ」さんの出店もあります!

よろしくお願いいたします。

【東京野球ブックフェアトークイベント】広島カープレジェンド・古葉竹識さんトークイベント


古葉竹識さんのトークイベントは中止になりました。
お知らせはこちらのページをご覧ください。

2月から新しいシーズンに入っているとはいえ、2016年シーズンの広島東洋カープの快進撃はまだまだ記憶に新しいところですよね。

カープの快進撃といえば、思い出されるのは1970年代~の赤ヘル黄金時代。
山本浩二、衣笠祥雄、高橋慶彦などなど、赤ヘルの名選手たちの名前は今でも語り継がれています。

そしてその「赤ヘル軍団」を率いた人の話こそ、いま最も聞いてみたい……!

ということで、今回トークイベントにご出演いただけることになったのは
なんと、古葉竹識(こばたけし)さんです!!

1958年にカープに入団すると、1年目からショートのレギュラーとして、盗塁王に2回輝くなど活躍。南海ホークスを経て引退後、1975年から古巣カープの監督に就任。球団創設以来初の優勝監督となり、カープの黄金時代を築き上げました。
現在は東京国際大学野球部の名誉監督を務め、長きに渡り野球に前線で携わり続けています。

その姿を間近で見て、声を聞くことのできる貴重な機会をお見逃しなく!


カープレジェンド・古葉竹識さんトークイベント
聞き手・グレート巨砲(『赤ヘル偉人伝』著者)
●日時 2017年3月12日(日) 15:30~17:00
●場所 世田谷ものづくり学校内「Gallery」
●入場料 1,500円(予約制/当日お支払いいただきます)

ご予約はコチラからお願いします。

【出店者紹介】文工舎&野球文化大学広島校


ご来場のみなさまに、事前にワクワクしていただくため、
今年も出店者のみなさまにアンケートにご協力いただきました。

ブース名:文工舎&野球文化大学広島校

Q1:まず、来場者のみなさんへ簡単に自己紹介をお願いします。

広島でカープ本を中心に野球関連の著書を刊行している出版社と、野球をおシャレに学問してみようと設立された大学によるコラボです。

Q2:東京野球ブックフェアの印象を教えてください!

文工舎はこのイベントのために存続しているようなものなので、ずっとつづけていただきたく。
またスタッフの方々には、御礼のことばしかありません。

Q3:今回、販売(展示)する内容について教えてください。

今回の目玉は、これ!

「CARP 開幕スタメン名鑑」
開幕スタメン表紙3
カープ球団創設から現在までの開幕スタメンばかりをピックアップしたユニークな名鑑です。
スコアボードに並んだあの選手、この選手の名前を見るだけでも懐かしく、また球団の生な歴史が選手の変遷という人間ドラマとして蘇ってくるのではないでしょうか。

今回のイベント用に数10部限定で用意いたします。

さらにもう1タイトルを鋭意準備中です。

あとは文工舎の定番のカープ本など。

===
よろしくお願いします!